不動産投資信託で賢く収益獲得|不動産を利用した投資方法

家

資産の流動化商品です

家の模型を持つ女性

税務面の利点があります

不動産投資信託はリートとも呼ばれ、欧米で先行して開発され、その後に日本でも組成されました。不動産資産を流動化して金融商品として証券化した仕組みです。不動産投資信託は、配当可能利益の九割以上を投資家に分配することを条件に、その配当を税務上の経費にできるという税制優遇があって、ほとんど全ての不動産投資信託がその税務面のメリットを享受しています。そのことは不動産投資信託に投資している投資家の利益になっています。不動産投資信託にこのような税制面のメリットがあるのは日本の不動産市況を活性化することが目的の一つになっています。バブル崩壊によって資産デフレが起こりました。不動産も例外ではなかったので、その活性化が急務でした。

様々な不動産に投資します

不動産投資信託は賃貸オフィス、賃貸マンションの他にも様々な不動産を証券化しています。ホテルに賃貸している物件、ショッピングセンターに賃貸している物件、高齢者施設に賃貸している物件なども対象になります。その結果、不動産投資信託を購入している投資家は、間接的に様々な不動産に投資することができるのです。物件の所在地も首都圏のみならず、関西や名古屋地区、地方の中核都市など様々です。多くの不動産を対象とすることで分散投資によるリスク回避を実現しているのです。不動産市況は地域差が発生することもありますので、例えば首都圏の不動産だけを投資対象にしていると、首都圏における市況が悪化した際にその影響を直接的に受けるからです。

Copyright © 2016 不動産投資信託で賢く収益獲得|不動産を利用した投資方法 All Rights Reserved.