不動産投資信託で賢く収益獲得|不動産を利用した投資方法

家

国内外の不動産投資

住宅

小口資金の運用プラン

インフレリスクを回避するためには、物価の上昇に連動する資産運用のプランを考えるのがポイントです。賃貸マンションなどの経営であれば、物価と連動して家賃収入が増えるメリットが大きいです。しかしマンション投資の場合には、最適でも1000万円以上の資金が必要であり、一棟売りの物件の購入では1億円以上の投資が平均的です。不動産投資信託であれば、10万円程度の資金から投資することが可能であり、個人投資家の資産運用に最適です。すでに国内では数多くの不動産投資信託が上場しているので、目的に合わせて最適な銘柄を購入することが可能です。複数の銘柄に分散投資することで、高い収益性と運用の安定性の両方が実現できるでしょう。

ETFを活用した運用

更に不動産投資信託のETFを活用することで、小さな資金でも上手に運用することが可能です。2万円程度の資金であっても国内や海外の不動産で運用することができるので、初めての不動産投資に最適な金融商品です。またETFは不動産投資信託の指数に連動しているので、様々な銘柄の平均的な収益が期待できるのが魅力的です。不動産投資信託の収益の主体が家賃収入なので、平均利回りは3パーセントから4パーセントです。したがって預貯金や債券投資よりも、高い収益が期待できるでしょう。また少額投資非課税制度も利用できるので、インカム収入を非課税で受け取れるのが人気の理由です。そのために老後に向けた長期投資でも、不動産投資信託を活用するメリットが大きいでしょう。

Copyright © 2016 不動産投資信託で賢く収益獲得|不動産を利用した投資方法 All Rights Reserved.